忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


驚くほど苔むして緑にそまった石の階段。


山の斜面に沿って上へ上へと続いている。

そのあまりの緑の深さに一瞬圧倒された。

階段の始まりのところに白い車を停め、そこからは

一歩一歩登って行くしかないようだった。

ずっとずっと登りつめたその奥に、祠か神社があるのかと

思いきや、予想していたよりもずっと早く頂上まで上りつめ、

着いた先は断崖絶壁というか、行き止まりで、

急に視界が開けて、下の方にひとかたまりになった集落

(あるいは町)が見えていた。

てっぺんの石段の少し前方、やや見下ろす感じのところ、

そこに小さな仏像があった。

ジャスミンの女神という言葉が浮かんだ。


☆ジャスミンから思い出したこと

1980年頃、私はバークレーに住んでいた。

その頃バークレーにはハレ・クリシュナの寺院があって、共同生活を

している友人達と一緒にサンデー・フリーミールに出かけた。

(サンデー・フリーミールというのは、休日に寺院を訪れる人すべてに

供される食事。つまり有難いタダメシのこと)

信者を獲得する目的があったのかも知れないが、私たちはそんなことには

お構いなく、ただで食える(失礼!)頂けるベジタリアンのインド飯を目当てに

出かけて行った。これがなかなかうまい!

食事が済むと、何か講話らしきものがあって(よく覚えてないけど・・・)

それが済むとチーチャカ、チーチャカ・・・ハレ・クリシュナのハレ・クリシュナたる

由縁、鐘の音も賑々しくミュージック&ダンシング・タイム!

これが実に楽しいのね。ナチュラル・ハイそのもの。みんなピカピカの笑顔で

最高!!高揚して踊っているなかに、ジャスミンを手に持って、甘い香りを

ふりまいているインド人(?)の少年がいた。

その香りの甘さ、かぐわしさ・・・・心から楽しんだひとときと、ジャスミンの香り。

ナチュラル・ハイとジャスミン。その頃済んでいたバークレーの家のバックヤードの

塀にもジャスミンが咲いていた。

ジャスミンの女神さま、とても楽しかったあの頃のことを思い出しました。

ありがとう。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< U・F・O HOME >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]