忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サウスダコタ州ブラック・ヒルズを売り渡すことなく、諦めることもしなかった部族の人々に深く感謝し、尊敬の念を捧げます。文化を回復するために強さを保ち、私たちがかつてのように、再び力をもった部族となるように運命づけられているならば、あらゆる努力をするよう部族の人々全員を力づけたいと思います。私たちは力を回復するための責任を引き受けたのだから、必ずやそうなるでしょう。政府が意味あるもの、即ち、今なお彼らにとって金銭的価値のある土地を返還することは決してないでしょう。これは私の意見などではなく現実であり、注意をしてみれば誰の目にも明らかなことです。私たちは自己を鍛錬する強さを取り戻すため、また未来のために全面的に責任を引き受けるべく、できるかぎりのことをしなければなりません。私たちの前には、私たちのために戦って死に、苦しみを経験してきた先祖たちがいます。今日、私たちひとりひとりが在るのは、先祖が死と投獄に直面して、「子供たち、そして子供たちの子供たちの未来、未来世代のために生き、死ぬことは価値あることだ」と言って、立ち上がってくれたお陰なのです。先祖の払ってくれた犠牲を無駄に終わらせてはいけません。万物の創造主は死ではなく、生を、私たちが自分自身と子供たちのために生き、未来世代のために大地と自然を守ることを望んでおられるのです。そのために私たちは存在しているのです。

 

あなたがもし自分には人々のために何かをする使命があると感じるか、信じるようになったなら、またそのことを儀式の中で祈り、自分の人生の真実であると感じたならば、その使命のあらゆる側面に応じられるよう自分自身を訓練していくべきです。知識がやって来るのを待つのではなく、自ら求めていくのです。知識とは強さ、力、そして生存していくことです。知識と真実は創造主からやってくるもので、すべての人がもっているものです。誰が何を言ったとか、誰が最初に言って、最後に言ったのは誰かなどということに心を煩わすことはありません。人生をよりよいもにするため、あるいは自分自身と人々のために、どうすればその知識と真実を使うことができるかを考えてください。コロンブスがカリブ海に上陸して以来続いてきたアメリカ・インディアンのムーヴメントは、すべてのアメリカ・インディアンのもので、誰からも認めてもらう必要などないものです。男性あるいは女性に属しているものでもなく、真にアメリカ・インディアンのものです。なぜならこのムーヴメントは「失ったものを取り戻し、今あるものを自分自身と未来世代のために守りたい」と告げる私たち民族のスピリットそのものだからです。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]