忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第2章  植物  4

ある人々はカレンのように、こうした経験に対して敏感で、経験したことをよく伝えてくる。それほど敏感ではなく、あまり表現しない人もいる。多分多くの人が自分たちの気が違っていると私に思われたくないので、経験したことについて何も話さないのだろう。それにもかかわらず、私はこういった話を数多く耳にしてきた。今では私は植物のスピリットに触れられた人は誰でも、ある種の神秘を味わい自然とのつながりをもつということを信じている。次はもう一人の観察力があり、表現力もゆたかな女性が書いた手紙からの抜粋だ。彼女は最初の治療の効果について、こう書いている。
 
・・・それは素晴らしいものでした。いいえ、それ以上のもの。素敵で、不思議で、信じられないくらい。そして、何にもまして、あなたが(あるいは、むしろスピリットが)私がこれまでずっと痛みのように持ち運んでいた、深くて暗い切望を癒してくれたことでした。何かがずっと明確になって落ち着いて、もう疑いの余地はなく、分離してもいないと感じられるんです。この間あなたにお会いして以来、沢山の奇妙で不思議なことが起こっています。つまり、夢とか尋常ではない偶然の一致とか。そうしたことのすべてが、私がこれまで常に信じてきたこと、すべてのことはつながっていて、あらゆるものが全体の一部だということを確認させてくれました。私はいつもこのことを知っていました。でも、直接経験したわけではなかったのです。でも、あなたの治療を受けて以来、まるで沢山のドアが開かれて、スピリットが一気にどっと流れ込んできたみたいなのです。私は「感動していて」、つながっていて、全体で、ちょっと狂っていて、つまり有頂天で、歓びにあふれているんです!
 
 植物は私たちがあらゆる面で健康であることを願っている。彼らは私たちの物理的なニーズだけではなく、心や魂にとって必要なものも与えてくれる。彼らは本当に心から自然と一体となっているその恵みを私たちにもたらそうと望んでいる。しかし、オオバコの精が言ったように、彼らは求められなければ何もできないのだ。ここで彼らに尋ねる正しい質問と正しい質問の仕方を知る必要があることを付け加えようと思う。
植物に尋ねる正しい質問の仕方とは何だろう。部分的には植物が根っこをもっていることを理解することと関係がある。植物は自分が根を張るその土地でそこの土、雨、日光、空気とともに生きていて、それらとともに成長という魔法を行っている。私たちは植物から、もし自然界に入りたいと望むなら、自分が暮らしている土地でやらなければならないということを学んでいる。なぜなら自然を見出すことができるのは唯一ここしかないからだ。このことから、もしあなたが植物に自然界の恵みをもたらしてほしいと願うなら、あなたが暮らしているその土地に育っている植物に尋ねなければならないということになる。偉大なイギリスの鍼師、J・R・ワースリーは「地元に自生する薬草は十倍、百倍強いどころではない。地元に自生する薬草は外国産のものより千倍も強力なのだ!」と語っているが、ワースリー教授は誇張しているのではない。ある女性は(地元の)プラント・スピリット・メディスンを使った最初の治療のことを「以前いたところに連れ戻してくれる」と表現した。これはまさに核心をついている。私たちは自然の一部だが、私たちのうちの何人が、本当に自然の中に生きているだろう?泥でできた小屋に住んでいるか、あるいは超高層ビルに住んでいるかは全く問題ではない。要はあらゆるものとの平等なパートナーとして、創造のダンスの中に在るという歓びなのだ。これは、まさに私たちの同胞、植物のように土、雨、日光、空気とともに、私たちがこれまでも生きてきた場所、つまり大地の上に、私たちを連れ戻すということを意味している。
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]