忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月3日・4日と香川県の高松市の郊外にある

「わあい」というコミュニティーで開催されたネイティブ・キャンプに

通訳として参加して来た。

わあいはもとより、高松に行くのも初めて。

ネイティブのポール・ワグナーさんこと

Che oke'ten氏についてもホームページは覗いてみたものの、

全くといっていいほど何も知らず、

そこでどういう集まりが開かれるのかアイデアもないまま、

ほとんど白紙の状態で出かけて行った。

わあいのメンバーのカズ君から三宮発10:20の高松行きのフットバスという

高速バスに乗ってくださいという連絡を事前にもらっていたので、

急いでフットバスのカウンターに駆けつけ、予約番号を見せると、

そのバスは9:50にもう出ました。

10:20というのは次の舞子の出発時間ですと告げられた。

しかも、次のバスは1時過ぎまでないという・・・・

ところで、一瞬青ざめた。

が、案ずるより産むが安しとはこのこと。

そのやり取りをしているカウンターのウィンドウ越しに、JRバスが

止まっていた。フットバスの人が急いでそのバスに乗って!

すぐ出ますよ!!と檄を飛ばしてくれた。

その声に押されるように、予定の時間から10分遅れだったが、

ギリギリセーフ!高松行きのバスに乗り込むことができた。

それまではバスの予約はしてあるし、ほぼ自動的に

わあいまで運ばれていくものと、まるでエスカレーターにでも

乗っているような気分だったが、そのバス会社のカウンターのやりとりの

一瞬でWake up!  目が覚めた。

まさに旅をする醍醐味(?)はここにあり。

一歩家をあとにすれば、いくらスケジュールが決まっていたにしても、

次に何が起こるかは分からないのであった。そのとき冷静に、

的確かつ迅速な行動がとれるかどうかが運命の分かれ目。

私の場合は、誠実ななバス会社の人が適切な道案内をしてくれた

お陰で、そのポイントを無事切り抜けることが出来た。

バスの1本や2本で、そんな大げさなと思われるかも知れないが、

私の到着時間が大幅に遅れた場合、イベントの開始時間も大幅に遅れることになり

そこに参加している人、関係者の人に様々な影響が及ぶ可能性もあったわけで、

そう思うと、私一人のささいな行動とはいえ、決しておろそかにはできないと

改めて思うと同時に、流れに乗っていて守られているという感覚を味わった。

結局、旅を終えてみると、フットバスの一件は

私の四国への2泊3日の旅に彩と笑いを添えてくれた、

旅のスパイスだった。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]