忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏至の日 6月21日の朝方、

富士山に登る夢を見た。

行けるところまで車で行って、そこからいよいよ歩き始める。

私ともう一人の誰かとで膝の悪い母を支えていた。

母はなぜか着物をシャッキリ着こなして(母の好きな黄八丈の着物だった)、

両方から支えられ、痛そうに少し顔を歪めてはいたが、

なんとか歩を進めていた。

私は見上げながら、これから山頂に近づくにつれて、

ますます傾斜がきつくなることを少し懸念していた。

もうひとつの場面では、母は山頂より少し下の辺りで待機して、

私たちが富士山頂を目指すという段取りになっていた。


☆ 夢の感想

  山登りをするなんて一切考えもしない私が、

  こともあろうに富士山に登る夢を見るとは!

  しかし、ここでのポイントは富士山にではなく、

  母の方にあったのかも知れない。

  母は実際昔から膝が悪く、かなり呆けてしまった今となっては

  着物を着ることなど及びもつかない。

  その母が以前のように、シャキッと着物を着こなしていたのは

  そうであってほしいという、願望がそのまま形になって

  現れていたのかも知れない。

  この先の道のりに対する懸念は、母と関わる道が険しくなる

  可能性、あるいはその予兆とも受け取れる。

  ただし、私自身は楽観的な見方を選択したいと思う。

  道は時に険しくなることもあるかも知れないが、

  やがては山頂にたどりつき、

  母とともにご来光を仰ぐ歓びをかみしめる。

  夢の中で。。。


☆ 夢のシンクロ

  2004年 夏至の日

  今から6年前のことになるが、私は 

  せかいへいわといのりの日
   
  World Peace & Prayer Day 2004 JAPAN


   http://www.wppd2004.org/report2004.html
 に参加していた。

   くしくもその同じ夏至の日に、富士山に登る夢を見るというのも

   縁というのか、不思議な感銘を受ける。

   まあ夢には意識下の様々なことが現れるというから、不思議がる必要も

   ないかも知れないけれど。

   その前に見たUFOが現れる夢にも、先住民の人が登場していたし、

   最近、唐突に香川で開催されるネイティブ・キャンプ・・・・

   インディアン・フルートやストーリー・テリングなどがあるらしい・・・の

   通訳の仕事の依頼が舞い込んだのも、何らかの符号の一致かと・・・?
 
   すべては未知なる働きで、なぜそうであるのか、理由は探りようもないし、

   理由とかどうとかこうとか言ってないで、ただ目の前に開けてくることを

   そのまま味わっていけばいい話と言ってしまえば、まあそうなんですけどね。。。

   ただ夜眠っている間に見る夢と、現実と呼ばれているもうひとつの夢の

   絡み合い、コラボレーションには、それこそ目が離せない。

   ますます楽しみになってきた!!




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]