忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月6日付けの夢「つくも」に、つくもつながりの余談として福岡市にある桧原桜(ひばるざくら)の話を載せたのですが、私が以前開いたマザーピースというタロットカードの入門篇の講座を受けてくれた生徒さんの一人が(ちなみに貴重な2人っきりの生徒さんのうちの一人です)、その話を読んで驚いて葉書を送ってくれました。

それによると、何と彼女の実家は、その桧原桜のある桧原(ひばる)という所で、件の桧原桜は超ご近所なんだそうです。毎日その桜の下を通って高校に通っていたとか・・・彼女が送ってくれた葉書には福岡市桧原・・・・と彼女の実家の住所まで書いてあって・・・・これにはビックリ!


夢の中で聞いた「つくも」という言葉が気になって、インターネットで「九十九」、「付喪」と検索しているうちに出合ったサイトに出ていた桜の話し。その桜と、私からタロットを習ってくれた縁ある方の実家がその桜のすぐそばで、その話に出てくる桜を救うきっかけとなった、桜の木に結び付けてあった短冊を実際に見たことがあった・・・・・・・

つくも: http://dreamlodge.blog.shinobi.jp/Category/1/2/


この世に偶然はない、とはよく言われること。頭では理解したつもりになっているものの、自分の人生でそういったことが起こると、やはり不思議な気がする。

あの時、あの場所で出会ったあの人と私。最初の出会いにはそれなりの目的、動機があった。でも、今回私とその人を結びつけた桜のことは、当然私たちの意識の中にはなかった。ましてや、私の見た夢が、その人の住んでいた町やそこにある桜の木を結びつけることになるとは、それこそ夢にも想わなかった。

目に見える世界は、意図や目的など明確なもので動いていて、私たちはそれに沿って行動しているように思われる。けれども、出会うことや、できごとにはそれとはまた別の、あるいは全くかけ離れた縁や意図が隠されていることが多々ある。

何が私たちを結びつけ、何が私たちを動かしているのか・・・霊的なマスターか預言者ででもない限り、私たちには知るすべもなく、ただ目の前にやってくることを受け入れ、日々泣いたり笑ったり、ころんだりしながら進んでいくしか他に道はない(私の場合、ころぶことが多いような気がする)。

ここに書いたような出来事やシンクロは、別段珍しいことでも何でもなく、私たちを取り巻く世界中にそんな話がころがっていると言ってもいいくらいかも知れない。

それでも、私という存在のチッポケな人生に起こるほんのささいなシンクロや、出来事の裏に秘められた縁を知るとき、宇宙の、あるいは私がグレート・スピリットと呼んでいる大いなる存在や、目に見えぬあまたの存在の導きやはからいの深さ、不思議さに心打たれる。
 
「私たちは守られ導かれている」 そうは思えなくて、理不尽なりと身勝手な心が抵抗することもあるが、このことは忘れずにいようと思う。

私たちを結びつけている目には見えない大いなるはたらきに心から感謝します。

      
   ☆ 夢が紡ぐ不思議な縁が伝えてくれるメッセージ

       

        
 私たちは神秘そのものを生きている




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]