忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b83fc92f.jpgImage363.jpgImage365.jpg






                       

                 

Image367.jpg
 カウアイ島に行って来ました~!って・・・・・・・?

 実は~、早くも種明かしをしてしまうと、
 
 先日撮った我家の庭=畑=野原(荒地?)なのでした。

 そしてその庭で野放図に育つ木々、草花の一部。

 いちばん左は大きく育ったバナナとこの家の女主。


その右隣のピンクの花をつけた木はさるすべり。

さらにその右隣の藤色の花はブットレア(和名:フサフジウツギ)。

この花の香りは甘く濃厚で、花の少なくなる真夏にも咲きつづけるため

蝶々やミツバチを集める花ということで知られている。別名: butterflybush

その下の段が今日の主役。

トロピカル・ムードを一気に醸し出してくれるバナナの木。
 
 (ちなみに、バナナの葉っぱの下に生い茂っているのは利休梅)

木と呼んではいても草花の仲間(草本)であることは、言うまでもないよね。

Wikipediaで調べてみたところ、かつてバナナは果物の王様と謳われていたはずなの

に、正式にはなんと果物ではなく野菜(果菜)に分類されるそう。

知らなかった!

しかも、茎と思っていたところは、実は茎ではなく偽茎(仮茎)と呼ばれるもの・・・

つまり偽の茎ってわけで、タマネギの球根部分を引き伸ばしたようなものなんだとか。

本物の茎は地下を横に這ってるんだって。

またまた知らなかった!!

当たり前だと思っていることの中にも、知らないことがいっぱいあるんだねえ。

こんなところで、未知との遭遇。目から鱗とはよく言ったものだと妙に納得。

興味が湧いちゃった方はこちらで再確認してみてね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A
 
ともかくも、立派な大木へと育ったバナナは、

12年くらい前、京都の田舎家・・・百年ほど経った立派な庄屋さんの家に

住んでいた友人の畑から分けてもらったもの。

数年間少なくとも5、6年は冬を越せるかどうか、か細い茎に布をまいて寒さから守り、

春になって茎(偽茎)が緑を吹き返すとホッとしたものだった。

それが温暖化の影響か、それともこの土地にようやく馴染んだのか、

ある年を境に急に逞しく成長し始めたのでした。

今では冬になっても何も気にならない。偽茎が枯れるとともに

その存在も忘れてしまうほど。

よくもこれほど成長したものだと、その成長ぶりにこの家の女主は

ハラハラと涙をこぼしたとか、こぼさなかったとか・・・・・

さらにもうひとつ種明かしをすると、この写真を撮った時は、

夏とはいえど雨が降りつづいて肌寒いほどで、ただただトロピカルな雰囲気を

演出するためだけに、必要のないつばの広い帽子を被り、

さらに確かなものにするために黄色のビーサンを履いてみたのでした。

なんだ、がっかりの巻きだったかな?

ともかく、完。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]