忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1. 2008年3月4日の夢

赤ん坊が妊婦のお腹から頭を出しかけていた。私はその赤ん坊の頭を押さえてお腹の中に戻そうとしていた。
2~3回そんな出たり押し戻したりを繰り返した後、ついに赤ん坊が自らの力、生命力でお腹を突き破って出てきた。可愛いという印象はなく、むしろエイリアン的な感じで、とにかく私はその力、衝撃に圧倒されていた。

 *夢から覚めた後も、その衝撃が残っていた。


☆ 2008年8月18日 実際の出産に立ち会う!
 

7月の末頃、地元のイベントで出産を間近に控えた若いカップルに出会った。
2人にはそれまで全く面識がなかったが、共通の知り合いがいて、その後まもなく彼らの自宅出産を手伝うことになった。予定日は満月の8月17日。その満月の日の真夜中を過ぎた頃から陣痛が始まり、出産も終盤に入りピークを迎えたとき、私は妊婦の負担を少しでも軽くするため腰やお尻を一生懸命押したり抑えたりしていた。実際に赤ちゃんが生まれたのは、8月18日の夜7時を回っていた。
(もちろん自然出産なので、赤ちゃんはお腹からではなくちゃんと産道を通って生まれてきた)
このとき3月4日に見た夢は正夢/予知夢となった。
特にそのときに感じた圧倒的な衝撃はリアルなものだった。


2. 10月16日の夢

私のそばに知り合いの女性が2人。1人はオーストラリア人で1人はアメリカ人。私たちはどこか公園のような場所でくつろいでいた。そのうちオーストラリア人の知り合いが急に(唐突に)産気づいた。私は彼女の腰に手を当てた。出産の終盤、骨盤がグッグッと力強く開いていっているのが掌を通して伝わってきた。私ともう一人の友人(彼女は実際にアメリカの病院の産婦人科で看護士の仕事をしている)は、静かに見守っていた。


3. 10月24日の夢


どこか教会か大学の講義が行われる部屋、教室のようなイメージの場所・・・ベンチが一斉に正面を向いて並んでいる。私はベンチに腰掛けている。隣には男の人も腰掛けているし、周囲にも人がいる。私のすぐ左隣で、赤ん坊の頭が出ていた(生まれた)。けれども、その赤ん坊を生んだはずの女の人の本体はなく(記憶が残っていないだけかも知れない・・・)、唐突に赤ん坊の頭が出た!というイメージ。

 2と3の夢は8月に体験した実際の出産の影響・衝撃から見たのではないかと思う。


4. 12月23日の夢 赤ん坊の遺体

地下にも部屋がある2階建てくらいの日本家屋。大勢の人がその家の中にいて、その中には私の古い友人もいる。地下の部屋には、きらびやかな金襴の法衣のような布にくるまれた赤ん坊(おそらくは女の赤ちゃんの)亡骸が安置されているようだったが、地下には野良犬も3匹いるようだった。
私はその布を開いて中の赤ん坊の亡骸を見ることを恐れていた。恐れていたが見ようとしていた。が、夢の中では実際に赤ん坊の遺体が出てくることはなかった。


 同じ日、12月23日に放浪の詩人ナナオが亡くなった。ナナオ氏は私が現在住んでいる亀山の家にも何度か立ち寄ったことがあり、気まぐれな交流があった。大勢の人がいる日本家屋とその夢に登場していた古い友人もナナオ氏と縁のある人物で、この夢はナナオが亡くなったこととも何かつながっているような気がした。


☆ 
3月4日に赤ん坊がお腹を突き破って生まれてくる夢を見てから、実際の出産に立会い、その後も赤ん坊が生まれてくる場面が、夢に登場していた。そしてその年の瀬に僧衣にくるまれた赤ん坊の亡骸を夢に見て、ひとつの夢見が幕を閉じたような気がした。


☆ 
きらびやかな僧衣・・・何か聖なるもの、スピリチュアルなものを表していたような気がする。


 僧衣にくるまれた(女の)赤ん坊の亡骸・・・表面的には聖なるもの、スピリチュアルなものの中で、女の赤ん坊・・・女性性/インナーチャイルドは干からびて(ミイラのように)死んでいた。


 柔らかく女性的なもの(受容的なもの)、本当に大切なものは枯れはてて、表面だけが聖なるイメージで取りつくろわれていた。


死んでいたのは私自身、あるいは他の誰かの内なる女性性、あるいはインナーチャイルドだったのかも知れない。私が実際に出産に立ち会った若い夫婦は、この時期、事実上決裂してしまっていた。彼女(妻)の中の柔らかで繊細なインナーチャイルドや女性性が壊れていたのかも知れないと感じた。またこの時期に、知り合いや出会った人の間で連鎖的にトラブルや事故が起こっていた。それらの事故が示唆していたのは、聖なるものでうまくカムフラージュされてはいるが、擦り切れて死の淵まで追いやられているインナーチャイルドや女性性からの警告・メッセージだったのかも知れない・・・・と思う。(あくまで想像の域だけど・・・)そんな風に感じた。私自身を含め、全体に私たちは賢くなりすぎて、とりすまして、無邪気で遊び心に満ちた幼心を抑圧し、ないがしろにし過ぎたのかも知れない・・・・・・
3匹の野良犬が何を意味していたのか、決めつけずに感じてみようと思う・・・・・・。





PR
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]