忍者ブログ
夢の小径を散歩する  あちらこちら寄り道 道草    つれづれなるまま・・・・
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月2日の夢

細い人気(ひとけ)のない道を友達と2人で歩いていた。

その次には、子供の頃の隣の家の庭に入り込んでいた・・・・

隣の家の人たちは、薔薇作りが上手だったようで、家を囲む柵にクリーム色やピンクの

薔薇が咲き乱れていたのを今でも覚えている。

私は外から眺めていただけで、その家の庭には一度も入ったことがなかったが、

夢の中ではその思い出の庭の中にいた。

それが現実の場面なら、その薔薇の生垣は高すぎて足が届くはずがないし、さらに足元

が斜面になっていたので(実際の庭とは明らかに違うところ)、生垣をまたいで外に出る

ことはできないはずだが、そこは夢・・・なんとか着地して、庭の外に出た。

次の場面では、人気のない京都にありそうな細い通りを、今度は1人で歩いていた。

通りに沿う疎水には、澄んだ水がとうとうと流れていた。

少し歩くとお寺があった。お寺からも水が流れ出していて、山門から中を覗くと、本堂が

開いていて、そこから滝のように大量の水が溢れ出し、庭を浸し疎水に流れ込んでいる

ことが分かった。

次の通りに行くと、そこはいきなり見知らぬ外国の小さな村で・・・行ったことはないが、

イメージとしてはネパールか南米かどこかの高地にある村のような雰囲気・・・・私は

なんとなく・・・・知らない言葉が話されているその場所を、1人で旅して行くんだなと

感じていた。


PR
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
miriko
性別:
女性
職業:
カード・リーディング
趣味:
自然観察
自己紹介:

夢や夢見に興味があります。自分の見た夢が誰かの夢とシンクロしていたり、現実と重なってきたり(予知的)・・・そんな測り知れない夢の世界について語り合ったり、もう少しだけ深めることができればと思っています。
専門的な視野、夢解釈などのコメント大歓迎です。
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 うさぎ]
[04/02 miriko]
[04/02 ゆめみ]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]